RO水と天然水の違い

天然水とRO水の違いとは?

RO水と天然水の違い

天然水とRO水では、原水や処理方法が大きく違います。
一般的に認知度が高く人気の「天然水」は自然。RO水は人工的に作られた物です。
それぞれに長所と短所と違いがあるので、上手に使い分けるのが一番理想ではあります。ではまずは表にまとめていますので天然水とRO水の違いについて見てみましょう。

  天然水 RO水
分類 ナチュラルウォーター ボトルドウォーター
原水 特定の水源から採水された地下水。 飲用可能な物。蒸留水、水道水なども含まれます。
処理
方法
ろ過、沈殿、加熱殺菌のみ。殺菌には加熱殺菌と非加熱殺菌、フィルター除菌、無殺菌などがありますが、大半は加熱殺菌がなされています。 ろ過、沈殿、加熱殺菌以外に、逆浸透膜(RO膜)によりろ過を行っています。これにより一般の浄水器では取り除けない環境ホルモンまでも除去できますが、同時にミネラル成分もほぼ全て取り除かれてしまいます。(ろ過処理後、ミネラル成分を添加したものもあります。)


ミネラル成分が豊富で、うま味を感じられる上に身体にも良く健康的です。特に天然水は人工的なミネラル調整などがなされていないため、自然そのままの味を感じることができます。 ミネラル成分がほとんど含まれていないため、硬度が非常に低くとても飲みやすいです。ほとんど何も含まれていない純粋な水なので、赤ちゃんから大人まで万人が健康で安心して飲めます。

ミネラルが多すぎるとお腹を下す、あるいは体調を崩してしまう人もいます。 ミネラル成分はうま味成分でもあるため、ミネラルが除去されていると味気ないです。

3つの大きな違い

ちょっと解りにくかった!という方がいたらゴメンナサイ(汗)
違いを大きく分けたらこんな感じです。


●分類
  天然水 : 天然もの
  RO水 : 人工的に作られたもの

●ミネラル成分
  天然水 : 自然に含まれたミネラル
  RO水 : 不純物やミネラルをろ過した後にミネラルを添加

●料金
  天然水 : 採水地からの運搬や衛生設備に費用がかかるので、やや高め
  RO水 : 原水は水道水が多く、どこでも作れるから低コストで提供可能

【 天然水とRO水の料金比較例 】
ネイフィールウォーターの天然水
  • 「京ほのか」 : 1本 1,900円(税込)

  • アクアクララのRO水
  • アクアクララボトル(レギュラー) : 1本 1,296円(税込)



  • 水選びのまとめ

    天然水とRO水をボトル1本の料金で比較した場合、
    RO水の方が安いのは一目瞭然ですが、ウォーターサーバーには電気代やサーバーのレンタル料がかかります。アクアクララの場合、サーバーレンタル料がかかりますが、レンタル無料のメーカーと比較すると、実は月額料金は変わらないのです。

    つまり、天然水とRO水どちらにするか選ぶ決め手は、

    「どんなウォーターサーバーを使い、どんなお水が飲みたいのか」

    という事に尽きます。

     なのでまず便利なウォーターサーバーや省エネのウォーターサーバー、デザインだけで選ぶウォーターサーバーなど、あなたに合ったウォーターサーバーを選びましょう。
     あとは、ミネラルたっぷりの美味しい天然水、あるいは赤ちゃんのミルク用に硬度が低いだけのRO水など、あなたに合ったお水を決めれば理想に近い健康的なウォーターサーバー生活が始まります。



    【天然水】の代表的なウォーターサーバー会社

  • ネイフィールウォーター
  • 富士の湧水
  • コスモウォーター

  • 【RO水】の代表的なウォーターサーバー会社

  • クリクラ
  • アクアクララ
  • ネイフィールウォーター

  • PAGE TOP