硬水と軟水の違い

硬水と軟水の違いとは?

硬水と軟水の違い?

 水を飲んでいて、少しクセがあったり、飲みにくいと感じた経験はありませんか?これには、水の硬度の違いが大きく関係しています。


水にはそれぞれ硬度というものがあります。これは水1,000ミリリットル中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値のことで、WHO(世界保健機関)の基準ではこの数値が1リットルあたり120ミリグラム以下を「軟水」、それ以上の数値のものを「硬水」といいます。日本の地下水、鉱泉水では120ミリグラム以下のものは稀なので、日本では一般的に解り易く硬度100未満のお水を「軟水」と呼ぶことが多いです。


硬度の基準値とは?

一般的に硬度が低い水はまろやかで飲みやすく、逆に高いと重々しくて飲みにくくなると言われていますが、この重々しさは「マグネシウムとカルシウム」に起因しています。


水が染み込む地層にカルシウムやマグネシウムが多ければ硬度が高く、少なければ低くなります。また、時間をかけて浸透すると硬度は高くなり、短時間あるほど低くなります。ヨーロッパや欧米と違い、日本の水に軟水が多いとされるのは、国土が狭く地中に浸透する時間が短いからなのです。

硬度の計算方法

硬度=(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4.1)

軟水と硬水の基準値

■軟水  = 硬度0~60mgまで

■中硬水 = 硬度60~120mgまで

■硬水  = 硬度120~180mgまで

■超硬水 = 硬度180を超えるもの


※日本では硬度100以下を「軟水」、硬度101~300を中硬水、301以上を「硬水」と、大きく3つに分類します。

硬水と軟水の比較表

軟水と硬水の比較を一覧表にしてみました。

  硬 水 軟 水
成 分 カルシウムとマグネシウムが豊富。 カルシウムとマグネシウムが少ない。
独特な苦みや重々しさがある。 クセが少なく飲みやすい。
長 所 ミネラル補給に適している。 コーヒーやお茶料理妊婦さんや赤ちゃんのミルク作りにも適している。
短 所 マグネシウムが多すぎると胃腸障害を引き起こす場合がある。
石鹸の泡立ちが悪い。
ミネラル分が少ないため、利尿作用などの早い効果にはあまり期待できない。


硬水と軟水、おすすめはどっち?

日本人は硬度の低い軟水に飲み慣れています。海外のミネラルウォーターは硬水が多く、『硬水』に飲み慣れていない日本人が摂取をするとお腹を壊しやすいことがあります。


硬水と軟水を飲むなら

激しい運動の後はミネラルが減少している為、適度なミネラル補給であれば問題ありませんが、便秘解消などを理由に硬水を過剰に摂取するのは臓器への負担も大きくなりますので、なるべく避けましょう。
また、体内の代謝を促す目的で沢山お水を飲む方には『軟水』など、硬水と軟水を上手に使い分けましょう。


PAGE TOP